client by 胎内市 美術館

design a 胎内市 美術館 ロゴデザイン

新潟県胎内市に2016年に新規オープンした胎内市美術館のシンボルマークをはじめとする
各種印刷物のお手伝いをさせていただきました。
胎内市美術館は、日本美術史を代表する太古から現代までの作品や、
郷土ゆかりの作家作品などが展示されています。
また、アート作品づくりも気軽に体験できる美術館として親しまれています。
美術館の外観は日本の伝統美を集約したような、どっしりとした梁が象徴的な和風建築です。
シンボルマークはその印象をもとに、日本文化の象徴の一つである、
ひらがなのフォルムを活かしシンボリックに表現しました。たいないの 「た」 をデザインテーマに据えました。
構成する要素として、自然豊かな胎内市の山=緑、夕日=赤、川と海=青に、天体観測で有名な
胎内市ならではの月をイメージしたフォルムを加えました。
デザインの出発点は「和」テイストですが、未来へ向けての飛躍をイメージさせるために、スタイリッシュかつ、
視認性の高いマークとなっております。

copyright © SEIKOSHA is good. ALL RIGHTS RESERVED.