2021.12.20

「Get Back」に会議運営のヒントが!


ロックバンド・ビートルズの映画「Get Back」の配信が、
1か月ほど前から始まりました。

それぞれが2時間以上ある3編からなる長尺のドキュメンタリーですが、
30分くらいずつ、数日間かけてようやく見終わりました。

内容をかなり大雑把に言うと、
メンバー本人たちも「解散が近いかな」と自覚しつつ、
テレビ特番やアルバム制作などの目標を掲げてプロジェクトをスタートさせたが、
次々と問題が起こる中で曲作りも進まず、
スケジュールもどんどん変わって窮地に立たされる…
そんな様子を映し出したドキュメンタリー映画です。

正直、「ネタばれ」云々が問題になるほどの新事実が
この映画で発掘されたということはありません。

ですが熱心なビートルズファンなら知っている映像や初公開の映像が
驚くほど美しく修復された状態で鑑賞できて満足でした。

また当事者の撮影後の発言で既によく知られていることも含め、
再認識させられたことがいくつかありました。

そしてこの内容は(ちょっと強引ですが)仕事、
特に会議の際にも応用できるのではないかと思いました。

1:曲作り・リハーサルの場所を、寒々とした映画撮影用のスタジオから
 自社ビルのスタジオに変えたら、4人の間の雰囲気が和らいだ。

 →いつも同じではなく、時々部屋を変えてみては。環境は大事ですよね。

2:新しくキーボード奏者を加えたら、その人柄の良さも手伝って
 さらに雰囲気・演奏ともに良くなった。

 →メンバーに新しい人を加えてみてはどうでしょう。体験したことのある方も多いのでは。

3:ビートルズでもお昼休みは大事。

 →「ランチにしよう!」は50年前のロンドンでも同じでした(笑)。

この映画はディズニープラスで月額990円で見られます。
興味を持った方はご覧になってみてください。

ただし、結構な時間がジョン・レノンと、時にはポール・マッカートニーの
悪ふざけのシーンに費やされますのでご注意ください。

以上、2周目の鑑賞に突入予定のビートルズファンの感想でした。

新しい記事へ
古い記事へ

New Post新着情報

2022.6.15

我が家にツバメがやってきた

今、私の家にはツバメが巣をつくっています。 3週間ほど前、玄関前の車を置くスペースの ちょっとした垂直面に、…

2022.4.28

「表現」って何?

こんにちは! 新潟のデザイン会社 グラフィックデザインチーム「is good!」です。 当社の創作行為であ…

2022.4.13

「いつもの」が消費者に伝わり続ける、より良いデザ…

こんにちは! 新潟は、今まさに桜の満開時期を迎えています。 新潟のデザイン会社 グラフィックデザインチーム…

2022.3.2

心地よさの追求

長い新潟の冬も終わりに近づき 時々現れるわずかな晴れ間から 春っぽい暖かさを感じるようになりました。 こんにち…

Works私たちの仕事の一部をご紹介します。

copyright © SEIKOSHA is good. ALL RIGHTS RESERVED.