2021.9.14

新型ジムニー、リデザインで温故知新の発想を取り入れる

20年ぶりのフルモデルチェンジ。

2018年に新型ジムニー(JB64)が発売されて3年が経ちました。

発売後、3年がたった現在でも人気は衰えることもなく、
未だ注文後の納期に1年かかると言われています。

今回なぜそのようなヒット商品になったのかというと、
見た目の古さが目新しかったとでもいう感じでしょうか?

今回のフルモデルチェンジは、過去のジムニーにあえて寄せていくデザインを取り入れています。

現代の車は燃費を向上させるため、空気抵抗を減らし、流線形なデザインにします。
しかし新型ジムニーは、そこをあえて「デザインの原点回帰」をテーマに
四角い無骨な過去の車へとデザインしました。

新しいものをデザインするとなると、どうしてもゼロから作り変えることになりがちです。

格好良いものは継承し、更に良いものへと変える。

自分の身の回りでもデザインを変えたら絶対に売れそうだなと思う性能の良い製品や、
見た目(デザイン)は良いのに、性能がイマイチだなと思うものがあります。

どちらも良いところは引き継ぎ悪い部分をリニューアル。
それだけで売れる製品へと変わっていく予感。

個人的には、見た目は古いレトロなデザインに
新しい最先端の性能が組み込まれた製品がもっと増えて欲しいですね。

故きを温ねて新しきを知る 温故知新

この世の中において、改めてデザインの価値や大事さを考える機会となりました。

New Post新着情報

2022.1.12

アナログ?デジタル?スケジュール管理方法

新年明けましておめでとうございます。 新潟のデザイン会社 グラフィックデザインチーム「is good!」を 今年…

2021.12.29

3Dビジョン広告のミライ

こんにちは。 新潟でデザインの仕事を中心に活動しています グラフィックデザイン課チーム「is good!」です。 …

2021.12.20

「Get Back」に会議運営のヒントが!

ロックバンド・ビートルズの映画「Get Back」の配信が、 1か月ほど前から始まりました。 それぞれが2時…

2021.12.2

SDGs

急に「お馴染み」となった感のあるSDGs。 SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、 国連加盟19…

Works私たちの仕事の一部をご紹介します。

copyright © SEIKOSHA is good. ALL RIGHTS RESERVED.