2021.8.19

「らしさ」を瞬間で伝えるロゴデザイン

日本勢のメダルラッシュに沸いた
東京2020オリンピックも8月8日に閉幕しました。

私は普段あまりスポーツ観戦はしませんが
オリンピックの時だけは日本を応援していました。
世界のトップアスリートの競技は魅せられるものがあり
毎日のようにTVで観戦をしておりました。

さて、オリンピックも閉幕したので
東京2020オリンピックのエンブレムについて
今更ながら改めて振り返ってみたいと思います。

同エンブレムはアーティストの野老朝雄さんがデザインしたもので
「多様性と調和」をコンセプトに
形の異なる3種類の四角形を組み合わせた市松模様を
日本の伝統色である藍色で描いたということです。

また、展開性が非常に優れており、開会式でのドローンによる演出や
会場の装飾や競技の紹介映像、それにユニフォームやグッズなど多岐にわたり
市松模様のデザインエレメントを印象的に組み込んで
統一された世界観を構築しています。

私は見た瞬間、シンプルながらも現代的でありつつ伝統を感じさせる
日本らしいロゴであると感じました。

緻密に計算されたデザインと明確なメッセージ、
そして統一されたビジュアルづくり。

「らしさ」を形にして伝える。

見た瞬間どう感じさせるのか、魅力をどう伝えるのかが重要であり、
その点ではこのロゴは「日本らしさ」を十二分に伝えていると思います。

引き続きパラリンピックで選手の活躍に期待しつつ、
私自身も企業やブランドの魅力「らしさ」をもっと伝えられるよう
今後もデザインに取り組んでいきます。

New Post新着情報

2022.1.12

アナログ?デジタル?スケジュール管理方法

新年明けましておめでとうございます。 新潟のデザイン会社 グラフィックデザインチーム「is good!」を 今年…

2021.12.29

3Dビジョン広告のミライ

こんにちは。 新潟でデザインの仕事を中心に活動しています グラフィックデザイン課チーム「is good!」です。 …

2021.12.20

「Get Back」に会議運営のヒントが!

ロックバンド・ビートルズの映画「Get Back」の配信が、 1か月ほど前から始まりました。 それぞれが2時…

2021.12.2

SDGs

急に「お馴染み」となった感のあるSDGs。 SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、 国連加盟19…

Works私たちの仕事の一部をご紹介します。

copyright © SEIKOSHA is good. ALL RIGHTS RESERVED.