2021.5.28

ビジュアルアイコンとしてのマスク

グラフィックデザインチーム「is good!」です。
唐突ですが・・・現在の肖像画にはマスクが必要かも・・・。
ふとよぎった思いです。

マスク生活が当たり前となり一年以上過ぎました。
マスクをしていない人に会うのは家庭のみ。
会社はもちろん、どこもかしこも顔を覆った人しか目にしません。
2019年には想像すらできなかった異質な光景が今や日常です。
マスク姿の集団が東京駅を闊歩する映像を見ると、
個性を奪われた人々が暮らす、近未来のSF映画かと錯覚してしまいます。
日常と非日常の境界線はある瞬間に溶解するものです。

覆うこと、ラッピングすること、パッケージングすること。
核となるものを隠す行為でありながら、
そのものをより魅力的に演出してくれることがあります。
(と、ここで私たちの本業でもあるパッケージデザインについて
アピールしそうな展開ですが、分量が長くなりそうなので
今回はやめておきます。)
人類は太古より様々な装飾を試みました。
そのほとんどが本来の自分以外(時には人間以外)への変身のためです。
現在のマスクを装飾と考えるのは行き過ぎと指摘されるかもしれませんが、
今やお洒落アイテムとして市場に出回っております。
疫病から自分を守るという本来の目的はありつつも、メイクすることと同様に、
ファッションとして楽しむ柔軟性を人は持っています。
そしてマスクによって素顔とは違う、別な魅力が引き出されていると思います。
目しか晒さないこと(目以外を隠すこと)の神秘性を
風習として根づかせてきた国も多々あるくらいですから。
いずれにしろマスクが現在の「ビジュアルアイコン」の一つになったのは
確かです。

そんなことを考えながら人を描いたら、やはりマスクをつけたくなりました。
こんな発想から少しでも早く解放される日がくることを、祈らずにはおれませんが。

New Post新着情報

2022.6.15

我が家にツバメがやってきた

今、私の家にはツバメが巣をつくっています。 3週間ほど前、玄関前の車を置くスペースの ちょっとした垂直面に、…

2022.4.28

「表現」って何?

こんにちは! 新潟のデザイン会社 グラフィックデザインチーム「is good!」です。 当社の創作行為であ…

2022.4.13

「いつもの」が消費者に伝わり続ける、より良いデザ…

こんにちは! 新潟は、今まさに桜の満開時期を迎えています。 新潟のデザイン会社 グラフィックデザインチーム…

2022.3.2

心地よさの追求

長い新潟の冬も終わりに近づき 時々現れるわずかな晴れ間から 春っぽい暖かさを感じるようになりました。 こんにち…

Works私たちの仕事の一部をご紹介します。

copyright © SEIKOSHA is good. ALL RIGHTS RESERVED.