2020.6.2

美術館での撮影は気をつけて!

先日新潟市美術館に行ってきました。

新型ウイルスの影響で臨時休館していましたが、5月12日より開館されています。

目的は『長沢明展 オワリノナイフーケイ』。

長沢さんは新潟出身で、現在は東北芸術工科大学で教鞭を執りながら

素晴らしい作品をつくられています。

昨年は絵本も出されています。

会期は6月7日までと残り少ないですが、どなたでも楽しめる展示会なのでオススメです。

この展覧会は、今では結構増えてきている「写真撮影OK」でした。

私はスマートフォンを持ち歩いていますが、今だにスッと取り出してパチリ、

という習慣が身についていません。

さらに美術の鑑賞となれば撮影より自分自身の目でじっくり作品に集中したいので、

最初は撮影するつもりはありませんでした。

しかし今回の長沢さんの作品の中に、展示室の壁面をほとんど覆い尽くす

(高さ4m、長さ合計40mだそうです)迫力のある大作があり、

これは撮っておこうかなとシャッターを切りました。

ところが、そこで問題なのが「シャッター音」。

日本で発売されているスマートフォンは盗撮防止のためシャッター音が

内蔵スピーカーから出るようになっています。

これが静かな展示室ではかなり気になります。

私も音が出てから「しまった!」と思いました。

写真撮影については「後で見返せる」利点もありますが、美術館などの開催側や

アーティストの立場からすると「SNSへのアップで認知・拡散され、集客が期待できる」

というのもあると思います。

実際、私も新聞で見て気に留めてはいたものの、休館もあり忘れかけていたところ、

たまたまあるSNSにアップされていた写真を見て思い出したのが大きなきっかけです。

このようにメリットも多い美術館での「写真撮影OK」ですが、シャッター音のほかに、

「人の流れを滞らせる」「視界をさえぎる」問題もあります。

しかしシャッター音に関しては音がしないアプリやデジカメラを使うことで解決できますし、

写真を撮ること自体は決して悪いことではないと思います。

マナーを守り、節度ある行動で、より多くの人が楽しめる場にしたいものです。

New Post新着情報

2021.10.18

ルームサイン

普段マウスをクリックする大事な人差し指が突き指したみたいです。 新潟でデザインの仕事をしています、 グラフィック…

2021.9.30

東京パラリンピック2020で手話に興味を持った話

こんにちは。 最近は気温が少しずつ下がり、秋らしい季節になってきましたね。 新潟でデザインの仕事を中心に活動…

2021.9.14

新型ジムニー、リデザインで温故知新の発想を取り入…

20年ぶりのフルモデルチェンジ。 2018年に新型ジムニー(JB64)が発売されて3年が経ちました。 発売後…

2021.8.30

インスタ始めました!

こんにちは! 新潟のデザイン会社 グラフィックデザインチーム「is good!」です。 この度私たち is g…

Works私たちの仕事の一部をご紹介します。

copyright © SEIKOSHA is good. ALL RIGHTS RESERVED.